ねずみ退治の基本は家に侵入させないこと

ねずみ退治の基本の一つに、ねずみが家の中に侵入させないことがあります。


ねずみが玄関から堂々と入って来ることはありません。

エキサイトニュースが気になる方に必見の情報です。

どこかに侵入口があるわけです。



その侵入口を塞いでしまうことで、ねずみを家の中に侵入させないことがねずみ退治の基本となります。

では、そのねずみの侵入口をどのように見つけたら良いのでしょうか。
ネズミの侵入口は、そこを何度も出入りするために、体の汚れが付着して黒く汚れていたり、足跡やかじった跡が残っていたりすることもありますので、それを目安にします。


よくわからないときは、怪しい場所に小麦粉などを撒いておきます。すると、そこをねずみが通ったなら足跡が残ってわかります。

一般的に、ネズミの侵入口になりやすい場所というのは、壁のひび割れ、配管や電線などを通すために壁に開けた穴、建物と基礎の間にできた隙間、屋根のひさしの下の隙間、屋根下の通気口などです。
これらのねずみの侵入口だと思われる隙間や穴があったら、そこをパテや金網で塞いでしまいましょう。

また、自分ではこのような侵入口を見極める自信がない場合は、プロの駆除業者に依頼するのも手です。

ねずみ退治情報のことならお任せください。

プロの業者には長年の経験とノウハウがありますから、どこにねずみの侵入経路があるのかを見事に発見し、ねずみ退治をしてくれます。
もちろん、プロの業者でも完全駆除までに相当の日数がかかることがありますので、根気強くねずみ退治を行っていくことが大切です。