ネズミ退治の方法・種類について

ネズミが発生した場合、大きく分けてネズミの侵入防止・侵入した後の被害の予防・ネズミの駆除の3つの方法でネズミ退治を行います。

ネズミの侵入を防止するためには、まず物理的に侵入口になっている穴や隙間などを埋めることが大切です。
一般的には、ネズミ返しや金網などが用いられます。

また、存在に気付かず、対策をすることができていない侵入口があることに備えます。



ネズミは一度家に侵入しても、食料がないと判断すれば住み着きにくくなるため、残飯やキッチン周りの食べ物のカスをしっかりと掃除することがネズミ退治には大切です。


ネズミがすでに恒常的に侵入してしまっている、または新たなネズミが浸入する可能性がある場合には、ケーブル類や電気機器類がネズミにかじられないように、ネズミが嫌がる忌避塗料を塗っておく方法が効果的です。

電気ケーブル類・電気機器類がネズミにかじられてしまうと、最悪の場合火災が発生してしまうこともあります。

ネズミ退治の方法の特徴につてをいくつか紹介しています。

ネズミを駆除するには、捕獲して駆除する方法と薬剤によって駆除する方法があります。
捕獲するには、粘着式のネズミ捕りやネズミ捕り用のカゴなどを用います。

産経ニュースについての情報を提供しています。

いずれもホームセンターなどで売られていますが、捕獲した後の処理まで考えるとそのままゴミとして捨てることのできる粘着式のネズミ捕りのほうが手間が少ないと言えます。

薬剤で駆除する場合、毒性のある餌をネズミが通りそうなところに置いておくこととなります。

この餌は人間やペットにとっても有害なので、家の中でペットを飼っていたり、小さなお子さんのいる家庭にはお勧めできません。

以上が基本的なネズミ退治の方法ですが、自分自身で行うのが難しいと感じる場合には、ネズミ退治を行っている業者に依頼することもできます。